挨拶文例・・・通夜の挨拶 お悔やみの言葉、お悔やみの挨拶、文例

HOME < 例文集< 挨拶例文集 < 通夜の挨拶
死去の知らせを受けて弔問をする時の口頭での挨拶例と、
通夜の時の喪主・親族代表挨拶です。


弔問時の挨拶



日頃親しく行き来している家の場合

死去の知らせを受けたらできるだけ早めにその家を訪れ、
「まさかと思っていましたのに、このようなことになり、何とお悔やみ申し上げてよいか、私自身も身内をなくしたような気がいたします。せめて何かお手伝いでもさせてください。」
というような、心のこもったお悔やみの言葉を述べると同時に、下働きなどを買って出てもよいでしょう。


一般の弔問の場合

先方が受け入れる用意のととのったころあいを見計らって訪れ、
「この度はほんとうにご愁傷さまでございます。」
「思いがけないことで、どんなにかお哀しみのことでございましょう。お疲れが出ませんように。」
などと、心のこもった簡単な言葉でお悔やみを述べ、取り込み中のことを考え、長居しないことが大切です。



お通夜は、本来、故人と親しかった人達が霊前に集まり、夜を徹して故人を偲び、思い出話しなどを語り合って死者との別れを惜しむための席なのです。しかし、一般の人で告別式に出られない場合などに参加するときは、なるべく定時刻に着くようにし、弔問客の多いときですから、
「どんなにお力落としのことかと存じます。心からお悔やみ申し上げます。」とか、
「おつらいことでいらっしゃいましょうが、どうぞお気を落とされませんように。」_
などと、簡単な挨拶を心を込めて喪主に述べます。
花や供物のある場合は、「どうぞお供え下さい。」と言葉を添えて手渡します。霊前に線香を上げて焼香し、遺族の席に頭を下げて席に着き、故人の冥福を祈る気持ちで座していて、一、二時間程度で再び霊前に参ったあと、そっと立ち去ります。




通夜の時の喪主・親族代表挨拶


お通夜の喪主または親族代表の挨拶文例をあげてみました。
東京では葬儀時に喪主が挨拶をするので通夜の時には挨拶をしないことが多いですが、昨今では、通夜が告別式代わりになりつつあるので、
通夜終了時や通夜ぶるまいの会食の席で、喪主か親族代表がお礼の挨拶をするのが一般的になるかもしれません。


通夜終了後の挨拶


◎本日はおいそがしいところ、お集まりいただきましてありがとうございました。おかげをもちまして、とどこおりなく通夜を終えることができました。明日の葬儀・告別式は○○時からでございます。本日はありがとうございました。


通夜ぶるまいの前


◎本日はおいそがしい中わざわざお越しいただきまして誠にありがとうございました。また、ごていねいにお供物までちょうだいいたしまして恐縮でございます。
故人は生前ここにお集まりの皆様には大変お世話になっており、本日ご出席いただきましたことをさぞかし喜んでいることと存じます。ささやかながら食事の用意がしてございますので、故人をしのぶお話などお聞かせいただければと思います。


喪主が妻の場合の挨拶


本日は、ご多用にもかかわらす亡き夫○○のために、お通夜のご焼香を賜りまして誠にありがとうございます。○○もこのように皆様に見守られまして、喜んでいてくれることと思います。故人の在りし日のことなどお聞かせいただければと思い、別室に粗茶などを用意いたしました。どうか今しばらくおつきあいいただければ幸いです。
なお明日の葬儀は○時からとなっておりますので、よろしくお願いいたします。今日は誠にありがとうございました。


喪主が息子の場合の挨拶


本日はお忙しいところをご丁寧にお悔やみをくださいまして誠にありがとうございました。
○○の生前は、格別のご厚情を賜りまして、○○も大変感謝いたしておりました。
厚く御礼申し上げます。なお、明日の葬儀は○時からでございます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
大変ささやかではございますが、別室に粗茶を用意しております。
どうぞ召し上りながら故人の在りし日の思い出話などをお聞かせいただければ幸いです。


喪主が夫の場合の挨拶


ひと言ご挨拶申し上げます。
本日はお忙しい中を○○のためにわざわざご弔問くださいましてありかとうございました。
故人もみなさまのおいでを喜んでいることでございましょう。
また○○の存命中にはひとかたならぬお世話になりましたことを厚く御礼申し上げます。
あれこれ考えますと心残りなことばかりでございますが、これも寿命でございましょう。
なお明日の葬儀は○時から行います。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
あちらの部屋に心ばかりのお食事を用意いたしましたので、どうぞ故人を偲ぶ話など聞かせていただければ幸いです。


通夜ぶるまい終了後の喪主挨拶-1


皆様、本日は誠にありがとうごさいました。
おかげをもちまして、とどこおりなく通夜を終えさせていただくことかできました。
夜も更けてまいりました。後は家族で守りますので、皆様、どうぞご自由にお引き取りくださいませ。


通夜ぶるまい終了後の喪主の挨拶-2


本日は、ご多用中にもかかわらす誠にありがとうこさいました。
おかげをもちましてとどこおりなく通夜を終えさせていただきました。
もう夜も更けてまいりました。明日のお仕事に差し障りがあってはと存じます。
本日はこの辺で終了させていただきたいと存じます。
本日は誠にありがとうございました。


通夜ぶるまい終了後の世話役代表の挨拶


本日は突然のことにもかかわりませず、○○の通夜にご弔問くださいまして、本当にありがとうごさいました。
みなさまの温かいお志に故人もさぞかし喜んでいることと存じます。
夜も更けてまいりました。
明日のお仕事に差し支えがありましては○○にしかられてしまいます。
本日はこれで終了させていただきたいと存じます。
どうぞご自由にお引き取りくださいませ。



通夜の際の挨拶例 出棺の際の挨拶例 精進落としでの挨拶
葬儀委員長の挨拶 僧侶、世話役、近所への挨拶 各関係者への連絡
忌みことば 挨拶文例へもどる HOMEへもどる



〒108-0074 東京都港区高輪1-21-1 Tel 03-3445-0506 株式会社 牧野総本店  このサイトの著作権は株式会社牧野総本店に帰属します。C)2003- Makinosouhonten All rights reserved