香典返しの礼状

HOME < 挨拶通知会葬礼状の例文 < 香典返し礼状


七七日忌法要(49日)忌明けの香典返しは、本来訪問して御礼のご挨拶をするのが正式ですが、デパートから配送するのが一般的になりました。デパートだと香典返しと一緒に礼状も同封してくれ便利だからです。礼状印刷も別に作るよりは多少安くなる事が多い様です。
この時のご挨拶の礼状文見本を掲載しました。
お申し込みの時は、故人の名前や戒名(法名)日時を再確認しましょう。
また、戴いた香典を香典返しをせずに慈善団体等に寄付される時は、それを記した御礼状をお送りするのが礼儀とされています。下の方に見本があります。



仏式一般ご挨拶文
仏式一般ご挨拶文見本

解説と読みの例

粛啓
先般○○永眠の際は
御懇篤なる御弔詞を頂き且又
御鄭重な御供物を賜りまして
御芳志の程誠に有難く厚く
御礼申し上げます    本日
○○院○○○○居士
七七日忌法要相営みました
就きましては供養の印までに
心ばかりの品お届け致しました
何卒御受納下さいますよう
御願い申し上げます
先ずは略儀ながら書中を以て
謹んで御挨拶申し上げます
           敬具
平成○○年○○月○○日
粛啓(しゅくけい)
先般○○←故人の名前
御懇篤(ごこんとく)御弔詞(ごちょうし)
御鄭重(ごていちょう)御供物(ごくもつ)
御芳志の程(ごほうしのほど)

戒名(法名)
○○日忌法要←七七日忌(しちしちにちき)法要
就きましては(つきましては)

何卒(なにとぞ)御受納(ごじゅのう)

先ずは(まずは)略儀(りゃくぎ)以て(もって)

粛啓が頭語の場合、結語は敬具より謹白か頓首のほうがよいかも知れません


読みやすい表現の仏式一般ご挨拶文
読みやすい表現の仏式一般見本


やわらかい表現の仏式一般ご挨拶文
やわらかい表現の挨拶文見本


神式のご挨拶文
神式のご挨拶文見本


キリスト教(プロテスタント)ご挨拶文
キリスト教(プロテスタント)見本


お香典を寄付した時の仏式ご挨拶文
お香典を寄付した時の仏式ご挨拶文見本



葬儀・お葬式・社葬の牧野総本店は東京都港区高輪で創業140年余の葬儀社です。一般家庭のお葬式から大規模な社葬や団体葬儀、仏式、神道、キリスト教の各宗、天理教など多くの宗教葬儀の経験が豊富です。「古い信用新しいサービス」を心掛け、永年にわたり港区はもとより、多くの東京の葬儀のお手伝いをさせて戴いております。

このサイトの著作権は株式会社牧野総本店に帰属します。C)2003-2008 Makinosouhonten All rights reserved
〒108-0074 東京都港区高輪1-21-1 TEL 03-3445-0506